ココナッツオイルが認知症予防にいいなら今すぐ試してみたい!

ココナッツオイル

ココナッツオイル認知症予防

そんなにココナッツオイルが認知症予防に効くなら、元気なうちから毎日飲んでみたいと思うはずです。

また、すでに認知症を患っている家族がいれば、藁にもすがりたい思いでココナッツオイルを試すはずです。

その前にココナッツオイルと認知症について整理しています。

スポンサーリンク

ココナッツオイルが認知症に効く理由

認知症患者は増える一方で、厚生労働省の調査報告でも65歳以上の高齢者のうち約15%程度が認知症の症状を患っているとしています。

認知症になる理由は、体内で作られるブドウ糖がエネルギーに変換できないことから、脳細胞にエネルギーが回らず老化してしまうからです。

ブドウ糖とは別に肝臓で作られるケトンが脳のエネルギーになります。

そこでココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸トリグリセリドがケトンに変換されることがわかっています。

血糖値に関係ないので食事療法よりも簡単で難なく認知症予防ができるようになっています。

認知症を目的としたココナッツオイル選びも必要

ココナッツオイルにもいろいろな種類があります。

ココナッツオイルが絶対に認知症に効くというわけではありませんが、症状が改善する可能性が高いため、食事療法としてココナッツオイルを推奨している医師もいます。

また、認知症予防に適したココナッツオイルもあります。

特に主成分の中鎖脂肪酸の濃度には注意してください。

中鎖脂肪酸の割合は、60%から80%という高濃度のココナッツオイルを選ぶようにしてください。

美容にもいいとされるココナッツオイルですから、一石二鳥で家族全員で使ってみてください。

医師が積極的にココナッツオイルを食事療法として推奨しています!

メディアでも認知症予防の一つの方法として、ココナッツオイルを勧めています。

ココナッツオイルは、美容だけではなく、病気の予防にも効くということがわかっています。

例えば、がんの予防です。

そして、認知症予防では医師がココナッツオイルを食事療法にも取り入れるようになっています。

牛乳とは比較にならないくらいの認知症予防に効く中鎖脂肪酸がたっぷりと含まれているのです。

ココナッツオイルの新鮮な栄養成分を体にそのまま摂り入れたいなら、加熱処理されていないエクストラヴァージンココナッツオイルが一番です。

まとめ

ココナッツオイルが認知症予防にいいと聞けば、今すぐ試してみたいと思うはずです。

その前になぜ認知症に効くのか、ココナッツオイル選びはどうすればいいのか、医師が推奨しているココナッツオイルとはどんな種類のものか、など今一度確認してからココナッツオイルを購入してください。

スポンサーリンク
画像引用元:http://item.rakuten.co.jp/anshintsuuhan/coconut-001/