スーパーモデルが愛飲しているココナッツオイルがぼけ防止にも有効!

ココナッツオイル

ココナッツオイルぼけ防止

ココナッツオイル健康法やダイエット法が日本でも紹介され、人気が出ています。

さらに超人気のスーパーモデルも愛飲しているとなると、もっと知りたくなるはずです。

そして、ココナッツオイルがぼけ防止にも効くとのことで、アンチエイジングに興味のある世代にも注目されています。

スポンサーリンク

メディアでも次々と紹介され著名な大学教授でさえもココナッツオイルを推奨

年齢がまだ20代や30代で物忘れがひどいということであれば、若年性の認知症の可能性を疑ってもいいかもしれません。

病院に通う必要はありませんが、できれば、普段の生活習慣を見直したり、食べ物から改善できればお金も手間もかかりません。

メディアでもココナッツオイルの効能や効果が紹介され、ダイエットやガン予防、免疫力アップなどのさまざまな効果がありますが、認知症予防にも効果的だとして、著名な大学教授も推薦しています。

なぜココナッツオイルがぼけ防止になるの?

ココナッツオイルに含まれる脂肪は、中鎖脂肪酸です。

この中鎖脂肪酸が低カロリーでコレステロール値を下げたり、脂肪を燃焼させる効果があり、血糖値を下げる効果もあります。

ぼけ防止を期待している人は、継続的に摂取すれば、ケトンが体内で生成されます。

ブトウ糖と同じくケトンは脳の栄養となるもので、認知症でブドウ糖をエネルギーに変換できなくなった人は、ケトンで代わりに脳にエネルギーを与えることができるわけです。

どうせならおいしく食べたいココナッツオイル!

認知症改善にケトン食療法がありますが、この方法では厳しい食事制限が伴いますので、おいしいものや好きなものを食べることができなくなってしまいます。

他に有効な治療法もないとなれば、ココナッツオイルを使ったぼけ防止や認知症予防を行うのがベストな方法になるでしょう。

そこで、どうせならココナッツオイルをお手軽においしく食べるようにしましょう。

そのまま食べても大丈夫ですし、油として炒め物に使ったり、コーヒーに入れるフレッシュの代わりに使ったり、トーストにも塗っておいしく食べることができます。

まとめ

ココナッツオイルがぼけ防止になるなんて意外かもしれませんが、著名な大学教授も推奨していますし、メディアでも詳しくその効能効果を取り上げています。

食事療法の中でも一番お手軽で効果のある方法が、ココナッツオイルを普段の食事の中で採り入れて食べる方法でしょう。

スポンサーリンク
画像引用元:http://item.rakuten.co.jp/anshintsuuhan/coconut-001/