医師もおススメのココナッツオイル認知症予防

ココナッツオイル

ココナッツオイル認知症予防

ココナッツオイルが、ダイエットや美容にいいと注目され、人気モデルや有名人が紹介したり、密かに飲んでいるという噂も出ていますが、一方では医師もガンの予防や認知症予防など、医学的な面からもココナッツオイルを絶賛しています。

そんなココナッツオイルを使った認知症予防についてお伝えします。

スポンサーリンク

認知症予防に最も効果のある食材がココナッツオイル

医師が認知症予防についてココナッツオイルに注目している理由には、臨床研究でもココナッツオイルの中鎖脂肪酸トリグリセリドが、認知症予防の切り札になっているというデータがあるからです。

他の食材に比べてもその効果は圧倒的です。

まだ新しい研究分野だからこそ、今後研究が進めば医薬品にも応用される可能性も高いでしょう。

脳のエネルギー源はブドウ糖やケトンになりますが、ブドウ糖のエネルギーを使えなくなるのが認知症です。

中鎖脂肪酸トリグリセリドは肝臓でケトンを作り出し、脳にエネルギーを供給できるようになっているのです。

ココナッツオイルの食べ方を工夫しておいしくいただく

ココナッツオイルは、そのまま食べることもできますが、できれば、工夫しておいしく食べることで毎日の健康やダイエットにも劇的な効果が期待できます。

毎日朝食に食パンを焼いて食べる人は、バター代わりにパンに塗るとフワフワのトーストが楽しめます。

ハチミツを加えるとさらにマイルドでおいしくなります。

トーストの温度でココナッツオイルも液状になります。

また、卵焼きの油代わりにしたり、コーヒーに混ぜるのも定番です。

ドレッシングにも使うことができます。

副作用に注意しながら医師と二人三脚で認知症予防をしよう

ココナッツオイルは、天然の食材ですから、どんな人にも合うのですが、アレルギー体質の人でどうしても合わないという場合があり、副作用が出ることがあります。

医師の勧めで食事療法を行っている場合に、ココナッツオイルを食べるときには、その食べ方や摂取する量などを相談しながら、少しずつココナッツオイルを摂り入れるようにしてください。

もちろん、アレルギー症状がひどい場合には、せっかくのココナッツオイルもいったん食べることを止めなければなりません。

医師と二人三脚で健康や認知症予防をしていきましょう。

まとめ

ココナッツオイルの優れた栄養成分に着目し、認知症予防にも応用しようという医師が増えてます。

その理由には、臨床研究でもココナッツオイルの中鎖脂肪酸トリグリセリドが認知症の予防にもっとも効果があるという結果が出たことです。

ココナッツオイルの食べ方に工夫し、医師とともに副作用に気をつけながらじっくりと認知症治療に取り組んでください。

スポンサーリンク
画像引用元:http://item.rakuten.co.jp/anshintsuuhan/coconut-001/