姓名判断とは?

姓名判断とは

姓名判断とは

姓名判断とは一言でいうと「宿命」なのかもしれません。
名前は自分では選べないものです。生まれてきた親元から授かるものです。
そのため運勢的にいい名前や悪い名前を自分で選ぶことができません。

スポンサーリンク

男性の場合は名字が変わらないので、「宿命」の要素がより強くなるでしょう。
女性の場合は結婚で名字が変わりますが、占いによっては旧姓で視る場合もあります。
名字が変わると画数も変わるので結婚後数年すると運勢は変わります。
ただ最初に付けられた名前は一生を決めることがありますので、それだけ大事なものだと考えたほうがいいでしょう。

 最近はお子様ににキラキラネームやDONネームを付ける方もいらっしゃいますが、将来を考えると十字架やドクロなどを身につけている感覚と同じなので控えた方が個人的にはいいと思います。
将来就きたい仕事などにも影響するでしょう。芸能関係や水商売などではキラキラネームやDONネームもありなのかもしれません。

名前は画数だけではなく書く文字やアルファベットの占い方など様々な方法があります。
占う人によって文字も簡略したままで占うか戻して占うかによって画数は変わります。私はどちらもありだと思いますが、出来るだけ両方を視るようにしています。最近は簡略したままで占うケースが多いようです。

 画数が余り良くない場合は出来るだけ、画数を良くするように普段使いには戻した感じや簡略した漢字、ひらがなやカタカナ使いにしても運勢が変化します。アルファベットで占う姓名判断は変えられませんがその際は芸名やハンドルネーム(ネットで使う名前)を変えたりするだけでも運勢は変わります。
例えば「長島茂雄」も最初は「長嶋茂雄」を使っていた時はあまりパッとしませんでしたが、名字を簡略するようになって華やかは業績を残すようになりました。

 名前は企業などでも企業名や商品名などで業績が変わるので会社の存続を左右するものとしても大きいです。ビジネスでも外せないものとなっています。代表的に語られるのは明治や大正、昭和、平成などの元号です。「平成」は12画になりよくない画数といわれています。そのため平成はあまりいいお話を聞かないと個人的に感じます。ネーミングの依頼やキャッチコピーを考える仕事もありますのでセンスも必要になってきます。また画数や数によって会社の命運を視ることもできます。私は仕事でネーミングの鑑定がある場合は姓名判断、数秘術を用いて依頼を受けています。

 姓名判断は運命を左右する宿命の一部です。皆さん、姓名判断でよりいい名前を付け幸せな人生を送れるよう幸運を祈ります。名前で幸せになりましょう!!!

スポンサーリンク
画像引用元:http://keyanddoor.com/blog/