手相占いとは

手相占いとは

手相占いとは

手相占いとは、指や手の全体的な形、手のひらの状態やそこに刻まれた皺、ラインなどから、その人の性格や運命などを読み取る占いのことです。

スポンサーリンク

手相占いは、日本を含めて世界中で広くポピュラーなものとなっています。

手相占いは、西洋の占星術の理論をベースとしています。

日本で出版されている手相占いの本には、手のひらの部位に対して「金星の丘」や「木星の丘」といったような呼び方が使われています。

これらはもともと占星術の惑星にちなんだ名称なのだといわれています。

手相占いの基本原理となっているのは、その多くが占星術のシンボリズムに由来するものなのだといわれています。

指や手の形態などに注目することで、その人の「性格の傾向」や「気質の傾向」、持って生まれた「才能」などをみます。

手のひらのラインや印などに注目することで、その人の「未来」や「運勢」をみていきます。

古くは、男性の場合は「右手」、女性の場合は「左手」でみるということだとする占いもありましたが、現在では、両手ともリーディングするのが一般的なようです。

ただし、右手と左手それぞれへの意味づけに対してはいまだ議論があるようです。

スポンサーリンク