西洋占星術とは

西洋占星術

西洋占星術

西洋占星術(せいようせんせいじゅつ)とは、アラブ諸国や西洋の国で発達してきた占星術です。

スポンサーリンク

ホロスコープをつかって、占うものに影響を及ぼすとされる太陽や月などの天体が、出生時などの年月日と時刻にどの位置にあるかをホロスコープに描き出し、それを解釈する形で占います。

西洋占星術の場合、生誕時がわからないと、正確に占うことが難しいものとなります。

西洋占星術は、どの星がどのハウスに入るか、アスペクトという角度などから占います。

人の性格や運気、健康運、財運、家庭運など、さまざまなことを占います。

西洋占星術の起源はバビロニアにあります。

現代の西洋占星術は、天文学が発達していくなかで、惑星の運行に関する知識が蓄積していった紀元前1千年紀半ば以降になってできあがってきたもので、天文学と占いの境界線があいまいに感じられるようになっています。

マンディーン占星術は「世相占星術」や「社会占星術」とも呼ばれ、西洋占星術・ホロスコープに基づきます。

世界・国家・組織・経済・気候・天災など社会的な出来事全般に対する占いとなります。

また、天王星が世代をかえていくともいわれています。

スポンサーリンク