夢占いとは

夢占いとは

夢占い(ゆめうらない)とは、古来からの占いで、聖書では王様の夢解きで王の未来を予知して伝えたダニエルという預言者の話がでてきます。

スポンサーリンク

王様がみた光り輝く巨像が粉々に砕け、風に吹き飛ばされていくという夢に対して、それはバビロンというこの大国が滅亡する夢だと伝えます。

そしてそれは実現されてしまいます。

夢を正確に解釈することができれば、夢占いによって、かなりの的中率で詳細に未来を知ることができるのだといわれています。

夢占いとは、夢のなかにでてきた場所、登場人物、色、数字、抽象的なもの、動物、人間ではない不可思議なモノ、霊や宇宙人、神仏など、いろいろなものにはなんらかのメッセージが込められているとみて、それを夢解きしていくものです。

夢占いでは印象的なものをシンボルを夢解きしていくのですが、東洋と西洋では同じ内容の夢でもその解釈が異なるものがあるのだといわれています。

夢占いから学術的研究の対象にまで持ち上げ夢分析をはじめたのはジークムント・フロイトで、『夢判断』という著書をあらわし、現在でも夢占いのシンボル解釈に多く取り上げられています。

スポンサーリンク
画像引用元:http://blog.livedoor.jp/satori0925/archives/36134096.html