水晶占いとは

水晶占いとは

水晶占いとは

水晶占いとは、水晶をみつめていくなかで、霊感的なイメージや映像など、占いを依頼する答えをみるための占いです。

水晶占いは古来から使われてきた方法です。

スポンサーリンク

水晶占いをしている占い師によると、占いを依頼された方の質問によって、なんらかの映像や数字、言葉、アルファベットなどがみえてくるのだといいます。

水晶占いは集中力を高めてインスピレーション、霊感的な能力でみるもののようです。

水晶占い師としての才能がないとできない占いということになります。

水晶は古来から主にアクセサリーとして利用されてきた鉱物(石英)の一種です。

その石英の中で無色透明なものを「水晶」と読んでいます。

風水では邪気を吸い込むアイテムとしてよく使われています。

日本でも、水晶は霊石として古くからさまざまな祈祷や儀式の場面で用いられてきたという歴史があるといわれています。

水晶占いのひとつの方法として、占術者がオリジナルにあみだした絵や記号、あるいは伝統的な儀式で用いられてきた絵や記号、あるいは依頼者の持ってきた物を水晶球にかざすことで、それらの物が水晶球の中でどのように映し出されたかをみて、依頼者の運勢等を読み解いて占うという方法もあります。

スポンサーリンク