星座占いとは

星座占いとは

星座占いとは

星座占い(せいざうらない)とは、一般的には星占い(ほしうらない)ともいい、西洋占星術をわかりやすくするために簡略にした占いのひとつです。

スポンサーリンク

サン・サイン占星術(Sun sign astrology、太陽星座占い)ともいいます。

星座占いでいう「星座」は占星術の「宮」(サイン)のことで、現在の天文学でいう夜空の星座とはちがうものになります。

さまざまなメディアでの、獅子座や乙女座の今月の運気は、としているものです。

星座占いとは誕生時に太陽が十二宮のどの宮(サイン)に位置したかによって、その人物の性格や相性、運命などを占います。

西洋占星術でホロスコープという、東洋占星術でいう命式表のようなものを作成するためには誕生した時間を必要としています。

太陽の影響はとても大きいのですが、ほかにも上昇宮(アセンダント・生まれた瞬間に、東の空に輝いていた星座)や月などほかの星の影響をみます。

星座占いは、太陽暦であるグレゴリオ暦では、誕生日さえ判れば太陽の位置も判るため、簡便な占いとして、急速に広まったものだといわてれいます。

1995年には一般的に普及している十二宮(12星座)に、へびつかい座を加えた13種類の星座占いも生まれました。

スポンサーリンク