四柱推命とは

四柱推命とは

四柱推命とは

四柱推命(しちゅうすいめい)とは、1100年代、中国が南宋の時代に生まれた「過去、現在、未来」を予測する運命学だといわれています。

スポンサーリンク

それ以前にすでにあった、世界はすべてに男と女、昼と夜というような陰と陽があるという思想、陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)が基になっています。

四柱推命は、人が生まれながらにしての才能、気質、能力、素質。その後の努力や経験で変わる後天的な運命までも的確に予測することができる占いだといわれています。

生年月日と生誕時の干支を年柱、月柱、日柱、時柱という4つの柱に見立ててそれらをみて占うために四柱推命と呼ばれています。

干支というのは、十干(甲乙丙丁戊己庚辛壬癸)と十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)のことです。古い暦に使われていたものですが、今でも高島暦でもみかけるものです。

ただし、生年月日だけでも宿命や運命を占うことができます。

四柱推命は、東洋占星術の中でも最も信頼性が高いとされていて、「占いの帝王」と呼ばれています。

東洋占星術においても西洋占星術においても、占星術は、どのような『星』が支配しているかで、その人の宿命や運命、運気の流れなどを占うものです。

スポンサーリンク
画像引用元:http://shichu-suimei.com/mailmagazine.html