医療事務管理士技能認定試験について

医療事務管理士技能認定試験

医療事務管理士技能認定試験は、

保険請求や医学一般の知識、レセプト請求に関する能力を審査する試験です。

区分は「医科」「歯科」です。

スポンサーリンク

年間4万人近くの受験者がいる人気の資格試験で、

合格者には「医科医療事務管理士」「歯科医療事務管理士」の称号が与えられます。

これまでの有資格者は6万人を超えています。

試験は年6回、奇数月の第4土曜日にJSMA技能認定振興協会の主催で実施されています。

試験科目は学科と実技で、学科は「法規」「医学一般」「保険請求事務」の3科目で構成されます。

実技はレセプト作成で、医科が外来2問・入院1問、歯科が外来3問の出題となっています。

資格概要としては、

医療保険制度、後期高齢者医療制度や医学一般についての知識、

診療報酬明細書の作成など、保険請求事務についての知識・技能を認定

する試験で、平成17年10月から「医療事務管理士」の商標登録として認

可され、広く認知されるようになりました。

受験資格は特に規定されておらず、誰でも受けられます。

受験内容については以下のとおりです。

学科試験 筆記(択一式)10問
 
1.法規(医療保険制度・老人保健制度・公費負担等についての知識)

 2.医学一般(各臓器の組織・構造・生理機能・傷病の種類等についての知識)

 3.保険請求事務(診療報酬点数の算定方法・診療報酬明細書の作成・医療用語等についての知識)

実技 診療報酬明細書の作成3問
 
 医科:外来2問、入院1問 

 歯科:外来3問

申込み方法はインターネット、郵送 どちらでも可能で、受験料は6000円 になります。

スポンサーリンク