医療事務の民間資格について

医療事務 民間資格

医療事務 民間資格

医療事務にはたくさんの民間資格があり、その数は10種類以上になります。

しかし、その中に国家資格はありません。

スポンサーリンク

どの資格も、医療事務の業界団体や教育機関で独自の検定試験を実施し、

検定試験として認定しています。

すべて民間の試験ですので、厳密には公的資格ではありません。ですが、

なかには公的資格と同じ程度の知名度を持つものもあります。

主に次の5つの分野に分けられます。

1.病院、診療所でレセプト業務に従事するための資格

2.歯科医院でレセプト業務に従事するための資格

3.調剤薬局でレセプト業務に従事するための資格

4.医療秘書の仕事に従事するための資格

5.診療データ等を管理、分析する仕事に従事するための資格
(診療情報管理士)

医療機関の受付などの仕事に就きたいと思っている方は1から3の資格を取りましょう。

1から3の資格試験には、必ずレセプト業務の知識を問う問題が出題されます。

4の資格を取るための講座は、秘書的知識の取得を主な目的としていますが、

医学の基礎知識、レセプトの基礎知識についても勉強します。

5の資格は、主に大学や短大、専門学校で取れる資格です。

学習期間は1年から3年と長期になります。通信教育の講座もありますが、

専門性が高いので、通信教育で取得するのは難しいようです。

スポンサーリンク