レセプトとはどういうものなの?

レセプトとは

レセプトとは

レセプトは簡単な業務ではありません。

スポンサーリンク

ある程度の能力が問われる仕事です。

ですから実務の中で少しずつマスターしていきましょう

レセプトとは診療報酬明細書のことで、

病院が国や国民健康保険組合に対して請求する医療費のことです。

日本では国民全員が医療保険に入る義務と権利があります。

そのため、病院でかかった 診療費は、患者と保険者の双方に請求する必要があります。

通常、国民健康保険加入者の医療負担は3割で、

残りの7割が健康保険組合の負担となります。

先ほど説明した「カルテに基づくデータ入力」では、

1点を10円とし、初診料・診察料・検査費・注射や薬代など全ての医療費を点数に換算して入力されます。

例えば薬代が1,000円とすると、点数は100点となります。

病院が患者さんに請求する薬代は300円となり、

残りの700円はレセプトに明細を記入し、診療報酬明細書として健康保険組合に提出されるという仕組みです。

この算出法は国によって定められており、

全国共通の点数方式で、地域や都道府県による違いはありません。

ですから、初診料・2回目以降の診察料・よく処方される薬の点数などを実務の中で覚えていけば、

医療事務のエキスパートとして全国どこの病院でも重用されるようになるでしょう。

スポンサーリンク
画像引用元:http://pca.jp/area_medical/product/mac.html