医療事務の資格を取得する前にどうぞ!

医療事務 資格

医療事務 資格

医療事務とは、病院やクリニックなどの医療機関で、事務や経理などの業務を行う仕事です。

スポンサーリンク

医師や看護師をサポートする専門家ともいえます。

最近では、「メディカルクラーク」と呼ばれることもあります。

「医療事務」と聞くと、パソコンを使ったデータ入力や書類の作成などをイメージする方も多いと思われます。

しかし、実際にはレセプト業務、秘書業務などさまざまな仕事があります。

医療事務とは

医療事務のスタッフには男性もいますが、とくに女性の方に人気が高く、

独学で勉強する以外にも、通信講座や専修学校などの方法で資格を取ろうとする方が大勢います。

医療機関は日本全国どこでもあるので、職場には困りません。

転職が多い家族がいる人にも有利な仕事といえます。

また、年齢・性別は関係なく、

勤務形態も正社員・派遣スタッフ・パートタイマーなどから選べるので、

とにかく働きやすいことが特長です。

医療事務の主な業務を簡単に挙げていきます。

1.外来患者への受付業務
2.入院患者への対応(病棟クラーク業務)
3.レセプト業務(診療報酬請求業務)
4.秘書業務
5.その他の仕事(オペレーター業務、統計業務など)

以上の5点になります。

どの業務も患者と密接につながる責任ある業務です。
それ故にやりがいのある仕事といえるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

医療事務 資格取得

厳しい就職事情が続いている現在、

医療事務を目指すために資格を取ろうとがんばっている女性が増えています。

医療事務とは、医療機関において医師や看護師たちのサポートをするために生まれた仕事です。

病院で受付や会計などの仕事をしている職員などを指します。

医療事務の仕事は、高齢化社会の到来にともなって、今後ますます需要が増えると予想されます。

本来、医療事務の仕事に就くにあたっては、特別な資格や免許は必要ありません。ただし、資格取得者のほうが優先的に採用されるケースは多くあります。

実は、「医療事務資格」は国家資格ではありません。

医療事務の仕事をするのために法律上、必ず必要という資格でもありません。

医療を受ける人が増えるに従い、医療事務の仕事も増え、それに伴い仕事の人気度が高まることで、就職・転職等に有利な資格となってきた!という事です。

よって、「医療事務資格」と言われる資格の範囲には明確な決まりがありません。

医療事務の資格を大別すると、

「 医療事務の資格」「医療秘書の資格」「医師事務作業補助者、診療情報管理の資格」「調剤事務の資格」「医事コンピュータ資格」「介護事務の資格」の7つに分けられますが、さらに仕事の内容を整理してまとめると、「医療事務資格」と称される資格は、次の5つに集約できます。

1 医科・歯科 医療事務資格
2 介護 医療事務資格
3 レセコン 医療事務資格
4 調剤 医療事務資格
5 診療情報管理 医療事務資格 

これから医療事務の資格取得を目指す方は、自分が希望する分野の資格を的確に選んで臨んで頂きたいと思います。

スポンサーリンク