ニキビ対策にサプリメントを使う場合の注意点

ニキビ対策

まだ若いころから、ニキビ対策のサプリメントを摂取して、ニキビをつくらないようにしたいという人もいます。もしも、ニキビを予防するためにサプリメントを飲むのであれば、気をつけたいことは何でしょう。ビタミンのうち、水に溶け出す水溶性のビタミンB群とCは、お肌の状態を整え、ニキビをできにくくします。汗や尿に混じって、ビタミンCは体の外に排出されてしまう性質があります。体内で機能するのは、摂取してから3時間くらいだと言われています。1日に3、4回くらいに分けてサプリメントを飲むことで、体の中に存在しているビタミンCやB群の濃度を一定量にキープしておけます。サプリメントは薬とは違いますので、飲んだからといってすぐにニキビの対策になるわけではありません。サプリメントの目的は、体質を改善するというものです。長い時間をかけて摂取し続けることで、体の状態を変えていくことを想定しています。病気の治療に使うような薬は効能が早いうちから出る物ですが、体質改善に用いるサプリメントの場合、数週間から1カ月は変わりないこともあります。他のサプリメントとの相性が悪かったり、特定のサプリメントが、薬の効果を引き出しすぎたり、効き目を弱らせたりもします。もしも、複数のサプリメントを同時に使っているならば、飲み合わせの悪いものではないか確認しておきましょう。コラーゲンサプリメントを摂取して、ニキビケアを目指すなら、ビタミンCを同時に飲んで吸収効率を高めるのもいい方法といえます。ニキビ対策でサプリメントを利用する場合には、どんな組み合わせが効果的なのかも調べてみると良いでしょう。

スポンサーリンク