『コードブルー』ってどんな意味?

コードブルー動画無料視聴

コードブルー意味

今回は、今話題となっている『コードブルー』という言葉の意味について調べた記事です。

コードブルーとは?

最近、FODで人気の『コードブルー』というドラマがありますよね。皆さん『コードブルー』の意味って知っていますか?今回は、この意味についていろいろと調べてきました。

まず、『コードブルー』とは患者の容態急変などの緊急事態が発生したときに使われる、救急コールのことで、コードネームで知らせることで、病院内にいる一般人が混乱しないようにするためのコールです。

そして、このような救急コールはいろいろあり、それも紹介していきます。

  • 『コードブルー』・・・これが館内で放送されたときは、手が空いている医師や看護師に支給全員集合してほしい合図で、『スタットコール』『ドクターコール』とも呼ばれる救急コール。
  • 『コードレッド』・・・館内で火災が発生したときに知らせるための緊急コールで、火災報知機などの自動放送がない場合に、職員に火災発生を通達するために使われていて、「レッド」は火を連想させるので、それにちなんで『コードレッド』と呼ばれています。
  • 『コードグリーン』・・・テロや、テロによる多くの死傷者が出るという可能性を知らせるための緊急コールで、病院を安全に運営する目的で、医療安全対策として使われています。しかし、日本だとあまりテロなどは起こらないので、海外などでよく使われる緊急コールですね。
  • 『コードゴールド』・・・脳死患者の発生を知らせるための緊急コールで、移植ができる病院や医療機関で、移植コーディネーターなどに連絡のために使われます。移植などは一分一秒を争うので、無駄のないように色々な手順やルールが定められています。
  • 『コードホワイト』・・・病院内で不審者や変質者などが暴れたり、人に危害を加えるなどのトラブルに使われる緊急コールで、警備員やガードマンを呼ぶために使われています。
  • 『コードイエロー』・・・緊急で患者の搬入依頼があったときに使われる緊急コールで、患者や患者の家族の横暴(モンスターペイシェント)などのトラブルを知らすためのコールでもあります。
  • コードブルーというドラマを一度は見てほしい!

    このドラマは若き医療者たちがドクターヘリを使い、自分の持っている最大限の力を使って、現場の限られた機材で負傷者たちを救うために全力を尽くす医療者としての立場と自分の人生の間で起きる葛藤の中様々な出来事を乗り越えてゆく様を描いたドラマでとっても迫力があるドラマです。

    現在、シーズン3がテレビで放送中で人気のあるドラマです。
    ➡FODプレミアム(31日間無料)登録はこちら
    FODプレミアム

    今ならFOD(フジテレビオンデマンド)でシーズン1、2を無料で一気に見ることができます。

    このドラマに興味を持った方は、FOD(フジテレビオンデマンド)の無料お試しキャンペーンを使って、シーズン1シーズン2を一気に見ることができるので、わざわざレンタルビデオ店へ行ってシーズン1、2のDVDを借りに行くよりFOD(フジテレビオンデマンド)で見たほうがよっぽど楽でお得です。

    しかも、今話題のドラマなのでレンタルビデオ店で借りようとしても、もう借りられている可能性が高いです。

    なのでFOD(フジテレビオンデマンドを利用して『コードブルー』を見ることをお勧めします。
    ➡FODプレミアム(31日間無料)登録はこちら

    まとめ

    • コードブルーのような救急コール色によって分けられており、それぞれの色にちなんだ使い方をされている。
    • ドラマ『コードブルー』はダイナミックな映像でとても迫力のあるシーンが満載のドラマです。
    • 『コードブルー』興味を持った方はFOD(フジテレビオンデマンド)の無料お試しキャンペーンを使って、無料でシーズン1,2をご覧ください。

    ➡FODプレミアム(31日間無料)登録はこちら
    FODプレミアム