花園メリーゴーランドを民俗学から考えてみた!

花園メリーゴーランド民俗学

花園メリーゴーランド 民俗学

民俗学とは

民俗学とは、風俗や習慣、伝説、民話、歌謡、生活用具、家屋など古くからの民間で伝承されてきた夕景、無形の民俗資料をもとに、人間の営みの中で伝承されてきた現象の歴史的変還を明らかにし、それを通じて現在の生活文化を相対的に説明しようとする学問だそうです。要は昔の文化的要素で今の人たちの文化的要素を解明する学問ですね。

Wikipedia引用

今すぐ花園メリーゴーランドを読んでみる

サイト内で「花園メリーゴーランド」と検索

柤ヶ沢みたいな村は実はそんなに昔ではない過去に存在していた!?

どうやらそう遠くない昔はこのような村があちらこちらに存在していたそうで、1958年の静岡県伊豆半島西海岸の村や1950年前半には山梨県の山間部の村に柤ヶ沢みたいな村があったそうです。
そのような村では女性一人に不特定多数の男が夜這いを防ぐためにいろいろと苦労をしたそうだ。また、オチャヨバレ(お茶呼ばれ)と言われる夜遊びがあり、男が夜に娘がいる家に出かけて10キロの距離を歩いた話もある。

かつての村では15歳が『大人』の基準だった。

かつては閉鎖的な村のなかで15歳が成人の基準である地域が多かった。国で定めた、20歳から成人という制度は必ずしものっとっているないようだ。村では、15歳になれば、男は若者の組織へ入ることができ、村の中でも一人前の成人として認められる。性的にも一人の「大人」として認知される。

感想

この作品を読めばわかるんですけども基一が子供から大人に変わっていくのがよくわかります。子供の時の基一は優柔不断で頼りない感じでしたが初体験を経て基一は人間としての決断力や力強い個性を身につけ成長していく様が描かれていて、私は大人になるのはこうゆうことなのだなと思いました。
そして、私の初体験は基一よりもずっと遅かったです(悔しいです)
くそ~!柤ヶ沢村で生まれたかった!

今すぐ花園メリーゴーランドを読んでみる

サイト内で「花園メリーゴーランド」と検索